RSS
Archives
HP

陶治(とうや)の愉快な仲間たち

東京・代々木にある陶芸教室。日々の様子や最新情報をお知らせします。

陶芸工房 陶治ブログ

陶芸工房 陶治(とうや)

Author:陶芸工房 陶治(とうや)
陶治のブログへようこそ!
陶治は新宿や渋谷からアクセス便利な代々木にある陶芸教室です。
陶芸初心者、経験者問わず学べます。

▼クラスや料金等の詳細は
陶治ホームページをご覧ください。
キャンペーン実施中です!

最新記事
カテゴリ・分類
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2015.09
05
Category : 
2015090513550326a.jpg

お昼は定番の皿うどんです

きょうは、染め付けのお皿に
盛りつけてみました。いただきま~す
2015.07
28
Category : 
2015072812345129c.jpg
今日のお昼は、暑いのでセブンの冷し中華です。
待てよ、プラ容器より教室には器は沢山有ります。 
移替えると中華屋さんの様な冷し中華になりました!
2015.06
01
Category : 
201506011102235f2.jpg
「全国ごちそうフェスティバル2015」
5/30,31大井町で開催してました。昨日行きました!
「俺のハンバーグ山本」とか「とり将」とか色々出店してました。
2013.12
12
Category : 
ハシモトさんです
いつもメール有難うございます.
キンメダイ美味しそうですね。お皿も赤土にスズマットがいい感じにでています!

IMG_4991_convert_20131212154341.jpg
休日の夕食シリーズ第〇弾は、キンメダイの煮付けです。

スーパーでキンメダイの切り身を買ってきました。

業平鍋に、水、醤油、ミリン、砂糖、酒を適量加えて、煮汁を作ります。

鍋にキンメダイの切り身を並べて、生姜数片を加え、弱火でしばらく煮ます。

途中で中火にして、時々煮汁をキンメダイに掛けながら、照りを出します。

煮えたら、キンメダイを取り出し、次にカブを煮ます。

その際、キンメを煮た汁に少し水を加えて、薄めます。

カブは、ざく切りにした葉の部分も一緒に煮ます。

角皿にキンメダイを盛り、付け合せにカブを添えます。

以上でできあがりです。

乾杯して、いただきます(笑)。
2013.11
06
Category : 
ハシモトさんです
いつもメール有難う御座います。
この線描きのお皿に映える、美味しそうな料理ですね!

IMG_4962_convert_20131106192702.jpg
休日の夕食シリーズ第〇弾は、唐揚げの甘酢あんかけです。

前の日に買った鶏の唐揚げが残っていたので、

野菜たぷっりの甘酢あんかけにしました。

最初に甘酢あん(醤油、酢、ミリン、砂糖、片栗粉を水で溶いたもの)を作って
おきます。

フライパンに油を敷いて熱し、

そこに、玉ネギ、ニンジン、ピーマンを入れて炒めます。

サッと火が通ったところで、冷めた唐揚げ(笑)を加え、更に加熱します。

全体にシンナリしてきたら、

甘酢あんを加えて熱し、トロミがつけばできあがりです。

一見豪華そう(?)で、夕食のおかずにはなりますね(笑)。

ハイ、乾杯!
2013.10
02
Category : 
ハシモトさんです
いつもメール有難う御座います
自家製のゴーヤで、お皿も自家製です。贅沢!

IMG_4886_convert_20131002205806.jpg
今年は、わが家の窓際に植えたゴーヤが10本ほど収穫できました。

最大でも20cm程で、そんなに大きくありませんが、食べられます。

わが家のゴーヤを使って、チャンプルを作ってみました(笑)。

ゴーヤは縦半分に切り、スプーンでワタを取ります。

幅5mm程度に切って、塩をして、しばらく置きます。

木綿豆腐をキッチンペーパーで包み、水切りします。

ランチョンミートがなかったので、ハムを用意しました。

フライパンにゴマ油を敷き、ゴーヤを炒めます。

しんなりしてきたら、木綿豆腐とハムを加え、鶏ガラスープの素で味をつけます。

最後に溶き卵を加えて、フライパンの片隅で、煎り卵にします。

全体を絡めて、味を見て醤油などで調整します。

以上でできあがり、皿に盛っていただきます。

来年の更なる収穫を祈って、乾杯!

2013.08
26
Category : 
ハシモトさん、いつもメール有難う御座います
「手づくり食品・大百科」はすごいですね!
また、このお皿が新生姜を引き立たせていますね。美味しそうです!


IMG_4812_convert_20130826134124.jpg
野菜の産直パックに、葉つき新生姜が入っていました。

そのまま味噌を付けて食べてもいいのだけど、

ちょと寂しいので、甘酢漬けにしてみました。

作り方は『手づくり食品・大百科』を見ました(笑)。

新生姜は葉の部分をとって、茎を適当な長さ(12~15㎝)残します。

新生姜の根の部分は、皮を薄く切り取りながら、棒状に形を整えます。

酢と砂糖をあわせ、塩(少々)を加えてよく混ぜ合わせて甘酢を作ります。

新生姜の根の部分を、熱湯に20~30秒つけて、さっと茹でます(新発見)。

水気を切って、甘酢につけて冷蔵庫に入れて置きます。

夕飯の用意ができたら、まず新生姜の甘酢漬を出して乾杯し、

それから食事にしましょう(笑)。

なお、器は手びねりですので、形は変形です。
2013.08
06
Category : 
ハシモトさん、いつもメール有難う御座います
今回のサラスパは一段と美味しそうですね!器もいいです


IMG_4770_convert_20130806121549.jpg
お久しぶりです。

休日の昼食シリーズ第〇弾は、サラスパ(略称)です。

正式名称は、サラダスパゲティです(笑)。

初めに、ゆで卵を作っておきます。

つぎにオクラを茹でておきます。

ボウルに多めのオリーブオイルと酢、塩、胡椒でドレッシングをつくり、

玉ネギのスライスをそこに入れ、味付けしておきます。

スパゲティを指定時間より少し短く、硬めに茹でます。

その間に、トマト、キュウリ、ハムを食べやすい大きさにカットしておきます。

茹で上がったスパゲティを冷水で洗いながら、冷まします。

大きなボウルに、玉ネギ(ドレッシングごと)、トマト、キュウリ、ハムを入れ
ます。

そこに、冷めたスパゲティを入れて、マヨネーズを好みで加えて全体を絡めます。

味を見て塩胡椒、粉チーズなどで調整します。

皿に盛って、ゆで卵とオクラを散らし、できあがりです。

サッパリとして、食欲もすすみますね(笑)。

みなさんも、ぜひどうぞ。



--------------------------------------------------------------------------------

2013.04
12
Category : 
ハシモトさん、いつもメール有難う御座います。
やはり料理も器で、さらに引き立ちますね!


IMG_4532_convert_20130413200609.jpg

割山椒鉢が大好評(?)だったため、

調子に乗って、今度はウドの酢味噌和えを作りました。

ウドは4~5cmに切って、皮をむき、できるだけ薄くスライスします。

それを酢水につけてアクを抜きます。

ワカメは水で戻しておきます。

ボウルに白味噌と酢、出し汁を入れてかき混ぜ、

ラップしてチンします(一瞬)。

そこに、ウドとワカメを入れて全体を絡ませれば、できあがりです。

今夜も、お酒がすすみそうですね(笑)。

2013.03
19
Category : 
ハシモトさんです。いつもメール有難う御座います
今回は完璧です!凄い!


IMG_4513_convert_20130319213442.jpg
早速、土鍋を使ってみました(笑)。

手元にある食材を見渡して、キムチ鍋にしました。

最初に鍋に水を入れて、日高昆布と出汁の素を加えて、しばらく置きます。

その間に、食材を用意します。

豚肉のスライスは、食べやすい大きさにカットして、酒で下味をつけて置きます。

白菜、長ネギ、ニラ、豆腐をそれぞれ切って大皿に用意します。

土鍋に火を入れて、食材を加えて煮ます。

途中で、豚肉のアクを取りましょう。

煮立ってきたら、キムチを適量(好みで)加えます。

しばらくしたら味を見て、調整しましょう。

キムチから十分な味が出ていました(笑)。

本当は、エノキ、シメジなどきのこ類があれば、もっといいのですが・・・。

それでも今夜も、乾杯!